風邪をひいた

妊娠中にうっかり風邪をひいてしまうと大変です。普通なら病院に行って、診察して薬をもらって飲むだけです。もしくは薬局で市販薬を購入して飲むという方法もありますね。
しかし妊婦さんはそういうわけにいきません。
妊娠中は免疫力が落ちているので、いろいろな病気にかかりやすくなります。病院にいってもっとインフルエンザなんかをもらってしまうと、薬が飲めない妊婦さんは怖いですね。
風邪の時に発熱が37度前後なら数日で治ることもありますが、38度以上が何日も続く場合は要注意です。
母体の体温が高いとお腹の中の赤ちゃんにも影響がでる可能性がありますので、熱が高い場合と何日も続く場合は、細心の注意を払って病院に行きましょう。
マスクをする待合室が混んでいる場合は、車で待たせてもらうなど人ととの接触を最低限にしたいですね。
そして咳が続く場合も要注意です。咳をするときにお腹に力がかかります。お腹に力がかかるとお腹が張りやすくなり、早産の危険が高まります。咳が酷いときも受診しましょう。
妊娠中の風邪の治療薬としては、葛根湯などの漢方薬が処方されることが多いです。
解熱鎮痛剤の中には赤ちゃんの体に影響を及ぼすものがあるので、かならず医師が処方したものしか飲まないようにしてください。

 

普段ならただの風邪で済まされるものですが、妊娠中は薬も簡単に飲めません。漢方薬も効き目が穏やかなので飲めばすぐに治るというものではありません。
妊娠中は普段以上に、うがい・手洗い・加湿・ビタミン摂取などに気を付けて、風邪をひかないように気をつけましょう