つわり対策

 

つわりは女性がお母さんの体になるために準備をしているホルモンの影響で起こると言われています。分かっていても、起き上がることもできない、食べられない、めまいがして気持ち悪いなどの症状で心が折れてしまいます。
つわりにはいくつか種類があり、吐きつわりや食べつわりなどが有名です。ほかにもにおいに敏感になるにおいつわり、異常によだれがでるよだれつわり、とにかく眠い眠りつわりなんていうものもあります。

 

吐きつわりは、とにかく吐き気に悩まされて何も口に出来ないという状態です。栄養失調に気を付けてと言いたいところですが、きっとそれどころではないのです。この際栄養は二の次で食べられるものだけを食べるようにしましょう。妊娠中に食べたくなるものは人それぞれです。脱水にならないように水分補給には心がけましょう。

 

食べつわりは、空腹になると気持ち悪くなるという症状です。空腹にならないように食べるのですが妊娠中にたくさん食べると妊娠中毒症も心配ですね。体重が増加すると赤ちゃんの通る産道にも肉がついて狭くなるので、産科の先生にも怒られてしまいます。
食べつわりはお腹が空いた時にちょとだけ食べてやり過ごすのが1番良いと思います。満腹になるほどの量は必要ありません。

 

においつわりはどうしてもダメなニオイがあり、それを避けることで防ぐことが出来ます。炊き立てのご飯のにおいがダメ、魚のにおいがダメ、ダメなものは人それぞれですがつわりが収まるまでの我慢です。マスクやタオルでニオイを弱めるなどで乗り切りましょう。

 

あまり多くはありませんが、よだれつわりといってとにかくよだれが沢山出て気持ち悪いという人がいます。家の中でなら吐き出せばいいのですが、仕事場や外出先ではなかなかできません。これのせいで外に出られないと言う人もいます。そんなときは飴やガムで乗り切るなどで乗り切りましょう。

 

つわりは本人のだるさやしんどさに比べ、外からの理解が得られないことがあります。妊娠を理由に家事をサボっていると思われるのが1番辛いです。
旦那さまや家族の理解があって乗り切ることができるのです。